JOIN参加しよう

【10/31(木)開催】「プライドハウス東京トークセッション」を開催します。

日時2019年10月31日(木) 19:00〜

場所subaCO(東京都渋谷区神宮前6-31-21)

定員30名

受付18:30〜

対象どなたさまでも

開催概要

この度、2019年10月31日(木)19時から、駐日英国大使館およびITV Sportsの協力のもと、ラグビー元ウェールズ代表でキャプテンを務めたギャレス・トーマス氏を招いたトークセッションを開催することが決定しました。

ギャレス・トーマス氏は、2009年にゲイであることをカミングアウトした初の男性プロラグビー選手となりました。2011年に現役を引退するまで、英国では最も影響力のあるオープンリー・ゲイして知られてきただけでなく、今年の9月にはHIV陽性者であることもカミングアウトしました。スポーツにおけるダイバーシティ&インクルージョンについて、日本で公に語るのは今回が初めてとなります。

トークセッションには、日本ラグビーフットボール協会の理事として任命された谷口真由美氏、プライドハウス東京コンソーシアム代表の松中権氏が加わり、会場からの質問などにも答える予定です。特に、谷口氏はラグビーチームのコーチを務めた父の仕事の関係で、16歳までラグビーの合宿所で生活した経験があるだけでなく、ジェンダー法などに関する専門家で、大阪国際大学でも教鞭をとられた経験もあり、トークセッションのテーマにふさわしい存在です。
ぜひご参加ください。

◆参加お申込URL(こちらからお申込ください)
http://ptix.at/vnpWui

=======
<イベント概要>

「プライドハウス東京トークセッション:ギャレス・トーマス氏、谷口真由美氏、松中権氏をお招きして」

●日時:2019年10月31日(木)19:00〜(受付開始 18:30〜)

●場所:『プライドハウス東京2019』
東京都渋谷区神宮前6-31-21 subaCO内

●参加費:無料(定員30名)

●参加申込URL(こちらからお申込ください)
http://ptix.at/vnpWui

●登壇者プロフィール
・ギャレス・トーマス(Gareth Thomas)
ラグビー元ウェールズ代表キャプテン。ウェールズでは100試合にも渡りプレイし、母国とブリティッシュライオンズにてキャプテンを務めた。2009年にゲイであることを告白し、2011年に引退。オープンゲイとして英国において最も影響力のある人物の一人。現在は、彼が愛するスポーツ界において、尊敬され愛されるコメンテーターとして活躍するだけでなく、LGBTコミュニティをインスパイアし、スポーツと社会のダイバーシティ&インクルージョン推進のために力を注いでいる。日本でダイバーシティ&インクルージョンについて公の場で語るのは初めて。

・谷口真由美
専門分野は、国際人権法、ジェンダー法、日本国憲法。大学教員のかたわら、“庶民目線の政治”を訴えるため、2012年、「全日本おばちゃん党」を立ち上げる。新聞、TV、ラジオのコメンテーターとしても活躍。父が近鉄ラグビー部監督、母が同部寮母だった1981年から1991年まで、花園ラグビー場のメインスタンド下に同部の寮があったため家族と暮らす。2019年より公益財団法人日本ラグビーフットボール協会理事など。

・松中権(モデレーター)
「プライドハウス東京」コンソーシアム代表。金沢市生まれ。一橋大学法学部卒業後、(株)電通に入社。海外研修制度で米国ニューヨークのNPO関連事業に携わった経験をもとに、2010年、NPO法人を仲間たちと設立。2016年、第7回若者力大賞「ユースリーダー賞」受賞。2017年6月末に16年間勤めた電通を退社し、二足のわらじからNPO専任代表に。LGBTと社会をつなぐ場づくりを中心としたこれまでのNPO活動に加え、個人としては法制度等に向けた活動も行う。
=======
  • イベントの流れ

    19:00 受付開始 

    19:30 開会
    21:30 閉会

    ※当日スケジュールが変更する場合がございます。ご了承ください。

  • 参加費

    1000円(1ドリンク付き)
    ※なお、参加費の一部は、「プライドハウス東京」とsubaCOの運営費として寄付されます。

  • 定員

    50名程度(定員に達した場合は締め切る場合がございます。ご了承ください。)

  • ドレスコード

  • ご参加について

  • 参加方法

    お申し込みフォームよりお申し込みください。
    (「Peatix」のページへリンクしています。)

  • 雨天の場合

  • 当日の連絡先

  • 開催地のご案内

    東京都渋谷区神宮前6-31-21

お問い合わせ先

ご質問やご不明な点等ございましたら、お問い合わせください。

お問い合わせフォーム

みんなでつくる「プライドハウス東京」ワークショップ⑥ 〜ウィーン EURO PRIDE 報告会〜

日時2019年7月25日(木) 19:30〜21:30

場所subaCO(東京都渋谷区神宮前6-31-21)

定員50名程度

受付19:00〜

対象どなたさまでも

開催概要

第6回目の表参道subaCOにて開催する、みんなでつくる「プライドハウス東京」ワークショップは、プライドハウス東京 祝祭・スポーツイベント・ボランティアチームが担当。

第一部では、オーストリア・ウィーン市観光局の招聘、Fruits in Suits 運営企画のもと、6月15日(土)に開催されたEURO PRIDE 2019を訪問した、日本のLGBT関連団体・企業の代表の5名が、世界中からの参加者をお迎えするプライドイベントの最新情報と運営状況、行政であるウィーン市のサポート体制について報告します。

第二部では、プライドイベントだけでなく、様々なLGBT関連のウィーン市における取り組みや、常設のLGBT関連施設の情報を、ウィーン市の魅力とあわせて共有します。会場にお越しの方々を交えて、日本におけるプライドハウス東京・レガシーである、LGBTセンターの姿について、ディスカッションする時間を持てればと思っています。

ぜひお申し込みの上、ご参加ください。

●登壇者
Loren Fykes(一般社団法人フルーツインスーツ日本)
星賢人(株式会社Job Rainbow 代表)
村木真紀(NPO法人虹色ダイバーシティ 代表)
杉山文野(NPO法人東京レインボープライド 共同代表)
松中権(「プライドハウス東京」代表/認定NPO法人グッド・エイジング・エールズ代表)

●問い合わせ先
tokyo@pridehouse.jp
  • イベントの流れ

    19:00 受付開始 

    19:30 開会
    21:30 閉会

    ※当日スケジュールが変更する場合がございます。ご了承ください。

  • 参加費

    1000円(1ドリンク付き)
    ※なお、参加費の一部は、「プライドハウス東京」とsubaCOの運営費として寄付されます。

  • 定員

    50名程度(定員に達した場合は締め切る場合がございます。ご了承ください。)

  • ドレスコード

  • ご参加について

  • 参加方法

    お申し込みフォームよりお申し込みください。
    (「Peatix」のページへリンクしています。)

  • 雨天の場合

  • 当日の連絡先

  • 開催地のご案内

    東京都渋谷区神宮前6-31-21

お問い合わせ先

ご質問やご不明な点等ございましたら、お問い合わせください。

お問い合わせフォーム

みんなでつくる「プライドハウス東京」ワークショップ⑤ 〜スポーツ界をLGBTQフレンドリーに変えていくには?〜

日時2019年5月30日(木) 19:30〜21:30

場所subaCO(東京都渋谷区神宮前6-31-21)

定員50名程度

受付19:00〜

対象どなたさまでも

開催概要

みんなでつくる「プライドハウス東京」ワークショップ、第5回目のワークショップは、アスリート発信チームが担当。

第一部では、女子サッカーという世界で、LGBT当事者の選手、アライの選手、指導者という、それぞれ違う立場で活躍されてきた下山田さん、野口さん、小林さんに、これまでの経験について語っていただきます。女子サッカー界の内部で、そして、社会との接点において、LGBT当事者選手を取り囲む現状と課題がどうなっているかについて、共有することを目指します。

第二部では、会場にお越しの方々を交えて、女子サッカー界からひろげ、スポーツ界全体をLGBTフレンドリーに変えていくにはどんなアプローチがあるかを、ディスカッションできたらと思っています。

●登壇者
野口亜弥(NPO法人GEWEL副代表)
小林美由紀(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 統括マネージャー)
下山田志帆(女子サッカー選手(元ドイツ2部リーグ所属))
松中権(「プライドハウス東京」代表/認定NPO法人グッド・エイジング・エールズ代表)

●問い合わせ先
tokyo@pridehouse.jp
  • イベントの流れ

    19:00 受付開始 

    19:30 開会
    21:30 閉会

    ※当日スケジュールが変更する場合がございます。ご了承ください。

  • 参加費

    1000円(1ドリンク付き)
    ※なお、参加費の一部は、「プライドハウス東京」とsubaCOの運営費として寄付されます。

  • 定員

    50名程度(定員に達した場合は締め切る場合がございます。ご了承ください。)

  • ドレスコード

  • ご参加について

  • 参加方法

    お申し込みフォームよりお申し込みください。
    (「Peatix」のページへリンクしています。)

  • 雨天の場合

  • 当日の連絡先

  • 開催地のご案内

    東京都渋谷区神宮前6-31-21

お問い合わせ先

ご質問やご不明な点等ございましたら、お問い合わせください。

お問い合わせフォーム

【参加募集!】5/4(土)・5/5(日)「PRIDE CUP 2019」開催!

日時2019.5.4(土) 9:00~18:00/2019.5.5(日) 13:00~18:00

場所都内

定員種目によって異なります。

受付2019.5.4(土) 9:00~/2019.5.5(日) 13:00~

対象どなたさまでも

開催概要

『PRDE CUP 2019』開催します!

グッド・エイジング・エールズが参加している「プライドハウス東京」コンソーシアムのメンバーが中心となり企画・運営される『PRIDE CUP 2019』が、2019年5月4日(土)・5月5日(日)、2日間かけて開催することが決定しました!

5月4日(土)にはバレーボールとテニス、5月5日(日)にはフットサル、あわせて3種目が同時開催です。「スポーツを、みんなと一緒に楽しむ日」をコンセプトに、多様性のある社会を受け入れ、性別、性的指向、性自認、性表現などに関係なく、あらゆる差別がない、誰もが自分らしく、参加してお互いを理解し尊重し合えるようなスポーツイベントを目指します。参加費の一部が、「プライドハウス東京」へのチャリティとなっています。

詳細をご確認いただき、お申し込みの上、奮ってご参加ください!

■開催概要
大会名:PRIDE CUP 2019

<バレーボール>
日時:2019年5月4日(土)9:00ー18:00 @都内
参加チーム数:16チーム

<テニス>
日時:2019年5月4日(土)9:00ー18:00 @都内
参加チーム数:24チーム

<フットサル>
日時:2019年5月5日(日)13:00ー17:00 @都内
参加チーム数:10チーム

<その他>
・性別、性的指向、性自認などの差別なく、誰もが参加して、お互いを理解し合えるスポーツ大会の実現を目指しています。
・更衣室の一部はテント内を間仕切り「個室スペース」として利用できるように調整予定です。

 

 
  • イベントの流れ

    種目によって異なります。
    バレーボール、フットサルの詳細は、個別に<tokyo@pridehouse.jp>まで、問い合わせください。

    <テニス>

    ●種目 4人以上1チームによる団体戦
        ・ダブルス2本で対決し、1-1の場合はチームの代表者のシングルスにより
         勝敗をつける。
        ・シングルスは各人出場することとし、全員がシングルスを行った場合に限り、
         1人が2回目以降の出場を可とする。
    ●試合方法 ダブルス :4ゲーム先取(3-3の場合は7ポイントタイブレーク)
          シングルス:7ポイントタイブレーク
    ●参加資格 (1)LGBTの当事者及びそのアライ。
          (2)当日または翌日行われる、他競技と合同のバンケット(懇親会)に
             参加いただける方。
    ●参加数 最大24チーム
    ●参加費 1チーム:1万8000円
    ●申込方法 代表者の連絡先(携帯)及び出場者(4名以上)の氏名(ニックネーム可)
          を、以下メールアドレスに、お届けください。
          tokyo@pridehouse.jp

  • 参加費

  • 定員

  • ドレスコード

  • ご参加について

  • 参加方法

  • 雨天の場合

  • 当日の連絡先

  • 開催地のご案内

お問い合わせ先

ご質問やご不明な点等ございましたら、お問い合わせください。

お問い合わせフォーム

みんなでつくる「プライドハウス東京」ワークショップ④ 〜デニムデーに考える、LGBTの暴力被害〜

日時2019年4月25日(木) 19:30〜21:30

場所subaCO(東京都渋谷区神宮前6-31-21)

定員50名程度

受付19:00〜

対象どなたさまでも

開催概要

みんなでつくる「プライドハウス東京」ワークショップ、第4回目のワークショップは、プライドハウス東京「セクシュアルヘルス・救済窓口チーム」によるワークショップ。

第一部では、これまでSOGIESCに関わらず性暴力サバイバーの支援に関わってきた「レイプクライシス・ネットワーク(RC-NET)」の岡田実穂さん、宇佐美翔子さんから、LGBTが受けている暴力被害の状況について、ご紹介いただきます。
アメリカでの調査データと、お二人のこれまでの支援活動でのケースなどをもとに、なかなか可視化されない実態について、まずは知る機会にできればと思います。毎年4月は、性暴力啓発月間でもあります。

第二部では、ぷれいす東京代表の生島嗣さんも加わり、LGBTの暴力被害に関して、コミュニティにできることとはなにか、参加されたみなさんといっしょに考えます。
デニムデーが生まれた背景や、世界での様々な活動事例、110年ぶりに改定された刑法における性犯罪の定義などを共有いただきながら、2020年に向けた「プライドハウス東京」プロジェクトの具体的なアイデアの種を見つけて行けると嬉しいです。

●登壇者プロフィール
岡田実穂(レイプ・クライシス・ネットワーク 代表)
宇佐美翔子(レイプ・クライシス・ネットワーク)
生島嗣(ぷれいす東京 代表)
松中権(「プライドハウス東京」コンソーシアム 代表)

※デニムデーとは?
1992年、イタリアで18歳の女性がレイプされました。しかし、裁判では女性がタイトなデニムをはいていたことを理由に『タイトなデニムを脱がせるのは困難であり、女性が自ら脱いだと考えられる』『自ら脱いだということは合意があったということ』だと無罪判決を出します。
この事に対し、多くの女性たちが自らデニムをはき、『デニムは合意の印ではない』と抗議をしたのがデニムデーのはじまりです。
日本においても、未だに多くの不当と思える判決や社会規範の中で、性暴力サバイバーたちの声が掻き消され続けています。
4月は性暴力啓発月間、そして、2019年4月24日(日本時間:2019年4月25日)はデニムデー。性暴力サバイバーと共にある社会を作るために、より声をあげにくい人たちの声を聞ける社会をつくるために、デニムを身につけ、性暴力について一緒に考えていきましょう。
https://www.denimdayinfo.org/

●問い合わせ先
tokyo@pridehouse.jp
  • イベントの流れ

    19:00 受付開始 

    19:30 開会
    21:30 閉会

    ※当日スケジュールが変更する場合がございます。ご了承ください。

  • 参加費

    1000円(1ドリンク付き)
    ※なお、参加費の一部は、「プライドハウス東京」とsubaCOの運営費として寄付されます。

  • 定員

    50名程度(定員に達した場合は締め切る場合がございます。ご了承ください。)

  • ドレスコード

    デニムデーです!宜しければ、ぜひ、デニムパンツでお越しいただき、イベントの最後に希望者のみんなでメッセージフォトを撮影しましょう。

  • ご参加について

  • 参加方法

    お申し込みフォームよりお申し込みください。
    (「Peatix」のページへリンクしています。)

  • 雨天の場合

  • 当日の連絡先

  • 開催地のご案内

    東京都渋谷区神宮前6-31-21

お問い合わせ先

ご質問やご不明な点等ございましたら、お問い合わせください。

お問い合わせフォーム

もっとみる